知ってて欲しい野球ガイド

観戦もプレーすることも人気のある野球について、その語源や歴史について紹介しています。


野球という言葉の語源

「ベースボール」を初めて「野球」と日本語に訳したのは、第一高等中学校の野球部員であった中馬庚(ちゅうまん かなえ)であったとされています。

1894年(明治27年)、彼らが卒業するにあたって部史を刊行することになり、中馬の書いた文章中に「野球」が登場するのでした。

逸話として、同僚で名投手の青井鉞男が「千本素振り」をやっている所に、中馬がベースボールの翻訳を「Ball in the field−野球」とすることを言いに来たと言われています。

明治期の俳人で、1889年(明治22年)に喀血してやめるまで捕手として好んで野球をプレイした正岡子規が翻訳したという俗説がありますが、これは間違いであったといえます。

なぜなら、1896年新聞「日本」で連載した子規の随筆『松羅玉液』のなかで、「ベースボールいまだかつて訳語あらず」と書いているからでです。

この俗説は子規が自らの幼名である「升(のぼる)」にちなんで「野球(のぼーる)」という雅号を用いていたことが誤解されたものと考えられています。子規は「野球(のぼーる)」という雅号を1890年(明治23年)に使い始めています。

これは中馬が「ベースボール」を「野球」と翻訳する4年前のことであったといえます。

つまり、「野球」という表記を最初に使用したのは子規であるが、「ベースボール」を「野球」と最初に翻訳したのは中馬です。

しかし子規は野球用語を数多く翻訳しており、2002年にはその功績によって野球殿堂入りを果たしました。

なお、記録上で日本ではじめて国際試合を行ったのが、青井鉞男が投手時代のこの旧制一高ベースボール部で、1896年(明治29年)5月23日、横浜外人居留地運動場で横浜外人クラブと対戦し、一高ベースボール部は29対4で大勝したとされています。

また、記録上で日本ではじめて米国人チームと試合を行った(日米野球)のもこの旧制一高ベースボール部で、同年6月5日、雪辱戦として横浜外人クラブから試合を申し込まれ、横浜外人居留地運動場で当時の米国東洋艦隊の選りすぐりによるオール米国人チームと対戦し、一高ベースボール部は再び32対9で連勝しました。





Top |  野球の歴史 |  野球という言葉の語源 |  日本における余暇と野球 

知ってて欲しい野球ガイド (C)